スポンサーリンク

【書籍】『賭けの考え方』マシュー・ヒルガ―/イアン・テイラー(著)

書籍・映画・戦略戦術本, マシュー・ヒルガ―(Mattew Hilger), 確率, イアン・テイラー(Ian Taylor)

【出版年】2011年日本語版(2013年電子版)2007年英語版
【著者】マシュー・ヒルガ―(Matthew Hilger)/イアン・テイラー(Ian Taylor)
【内容】

勝ち組プレイヤーの思考習慣とは!

すべてのプレイヤーが負ける必要のないゲームで金を失っている。それをもたらすのは、知識の浅さや経験不足だけではない。感情・心理状態から来る内なる要因は知識以上に時に結果を大きく左右する。

本書では、そんな心理的側面から勝つための思考法を伝授する。そのカギとなる考え方は、次の7つ。
・さまざまな現実を理解し受け入れる
・長期的視野でプレイする
・金を儲けることよりも正しい決断を下すことを優先させる
・金への執着を捨てる
・自尊心を持ち込まない
・あらゆる感情を決断から排除する
・分析と改善のサイクルを継続的に繰り返す

ポーカーの世界は、実世界の過酷で残酷なバージョンだといえる。我々が社会で与えられているような安全地帯は、ポーカーには存在しない。全ての最適でない決断、ミス、筋の通らない考え、そして勘違いは、ポーカーテーブルでは命取りになる。
それらのミスや誤解は、常にあなた自身のせいだ。それをごまかすことはできない。そんなことをしても、単に自分をごまかしているにすぎないからだ。相手を非難することなど意味がない。
経験豊富なプレイヤーには世界を非常に明晰な視点で、幻想をすっかり排除したうえで、とらえている人が多い。ポーカーを上手くプレイするための問題処理能力は、他のどんなゲームでも、仕事でも、人生でも同様に求められる。実際、第2章にある「賭けの考え方」は、ちょっと書き換えれば、素晴らしい人生の思考習慣になる。

本書が教えることをしっかり学びさえすれば、ポーカーにとどまらず、あなたの人生にプラスの影響をもたらしてくれるだろう。

【構成】

第1章 はじめに

第2章 賭けの考え方
~プレイヤーとして成功するために必要なポーカーの思考習慣~

第3章 本能を乗り越える
~あなたの本能と人生経験はポーカーでは役に立たない?~

第4章 バッドビートとビッグポットを逃すこと
~ビッグポットを逃すことやバッドビートの対処法~

第5章 ダウンスイング
~ダウンスイングとは何か。 その対処法と避けるべき落とし穴~

第6章 ティルト
~ティルトを見分け、コントロールし、タイプ別に予防する~

第7章 バンクロール管理
~心理学的見地からのバンクロールの考察~

第8章 対戦相手の心の中へ
~対戦相手の傾向や動機、思考レベルを評価する~

第9章 応用編
~ポーカー心理学に関する上級編~

第10章 ポーカーと人生
~ポーカーとその他の人生との融合~

【特徴】
ポーカーの精神的、感情的、心理的側面について書かれた書籍
本書で示される「賭けの考え方」を土台に各項目について細かく解説。
ポーカーの具体的な戦術、戦略に関する言及はほとんどない

・本書を読んで受ける印象は「教典」。 100%正論で、耳の痛い説教をされている感覚。
バッドビート、ダウンスウィング、ティルト、その他多くのシチュエーションで持つべき心構えと対処法を教えてくれる。

プロを目指す人は第9章7節「プロとしてのポーカー」、第10章「ポーカーと人生」を読んでおきたい。
ぶっ刺さります。

「いつも覚えておくといい。
ポーカールームの窓の外には別世界が広がっている。」

—ラリー・W・フィリップス 『Zen and Art of Poker』

スポンサーリンク