スポンサーリンク

【書籍】『ポーカー教室』ポーカー侍 (著)

書籍・映画・戦略戦術本, 初心者向け

【出版年】2010年日本語版(2013年電子版)
【著者】渡邊元(ポーカー侍名義)
【内容】

【著者 ポーカー侍より】
この本は私が弟子のれむにポーカーのイロハから勝ち方までを講義した記録です。
れむがそうだったように、基礎や確率についてはしっかり学びながらも気楽にゲームを親しめるように、読者の皆さんに気負わず読んでいただくために、れむとの授業内容を会話形式でそのまま再現しています。

入門書とはいえ、ポーカーのイロハからトーナメントの戦術まで幅広く説明しているので、皆さんも国内のポーカーイベントやアミューズメントポーカーハウスでプレイできる知識と実力がつくのはもちろん、マカオ、ラスベガス、韓国などのカジノや、洋上でのポーカークルーズなど、海外でも楽しんでプレイできる実力がついているはずです。

この講義では三大ゲームから、主な8つの種目について解説しました。
・リミットホールデム
・ポットリミットホールデム
・ノーリミットホールデム
・オマハハイ
・オマハハイ&ロー
・7カードスタッド
・ラズ
・7カードスタッドハイ&ロー

勝つために大事なことは、戦略の基礎を学ぶこと。そして、実戦を重ねることです。ポーカープレイヤーは、プレイスタイルの違いだけでなく、キャラクターも人それぞれ。対人ゲームでは、経験を積むことが何よりも重要になります。本書で「知識」を身につけたあとは、実戦を重ねて自分のプレイスタイルを磨きあげてください。

この本をマスターしたあなたには、もうその実力はあるはずです。そして、ポーカーを楽しんでくれることを願っています。

【構成(目次より引用)】

第1章 ホールデム
1.開講
2.ポーカーというゲーム
3.ポーカー用具
4.ポーカーの役
5.ホールデムゲームの流れ
6.勝負の判定
7.アクション
8.ベット、レイズの金額
9.オールイン
10.リングゲーム
11.ポーカートーナメント
12.ポーカー侍からのアドバイス
13.戦略の基礎
14.ハンドランキング
15.フロップ後の勝利確率
16.オッズの基礎
17.ポジション
18.レイズで参加は基本
19.プリフロップの基準
第2章 オマハ
1.オマハ
2.オマハハイの基本戦略
3.ローゲーム(ローボール)
4.オマハハイ&ロー
5.オマハハイ&ローの基本戦略
6.具体的なゲーム進行
第3章 7カードスタッド
1.スタッド系ゲーム
2.7カードスタッドのルール
3.7カードスタッド(ハイボール)
4.7カードスタッド(ハイボール)
5.ラズ(ローボール)
6.7カードスタッドハイ&ロー
終了問題
答え
講義を終えて
あとがき

”本書目次より引用”

【特徴】ホールデムとそれ以外のポーカーゲームについても網羅的な説明、会話形式で分かりやすい

・平易な文章。対話形式でルール等を説明してくれるので分かりやすい。
 ポーカー初心者におすすめ。

テキサスホールデム以外の種目についての解説がついている。

戦術については広く浅くといった扱い。基礎重要項目に絞って解説している。
 最初の1冊に最適。

侍:ディーラーはいろいろなことを覚える必要があるから大変だけど、れむちゃんもディーラーができる程度まで勉強してね。

れむ:なぜですか?

侍:ポーカーは自己責任のゲームだ。自分が行うプレイだけではなく、他人のミスで自分に損害が生じた場合には、自分でそれを説明して損害を回復しなければならない。自分が何もしなければ、そのまま次のゲームに進んでしまうだろう。つまり、ゲームの進行中のすべての時点で、何が起きていて、ディーラーならば何をすべきかを認識できることが、自分を守ることになるんだよ。

スポンサーリンク