スポンサーリンク

【ポーカープレイヤー達のバイブル!?】『ラウンダーズ』のストーリーと感想【映画情報】

書籍・映画・戦略ラウンダー, 映画

But  finally, I’ve learned this…
If you’re too careful, your whole life can become a fuckin’ grind.

ついにこう悟った…
慎重すぎると人生全体が退屈になる

【公開年】1998年
【監督】ジョン・ダール
【出演】
マット・デイモン(Matt damon)
エドワード・ノートン(Edward Norton)
ジョン・マルコヴィッチ(John Malkovich)

アカデミー賞受賞俳優マット・デイモンとエドワード・ノートンが情熱と危険と友情の物語を演じる。
高い賞金を賭けたカードゲームで惨敗してから、マッド・デイモン演じるマイクは法律の勉強に専念するためギャンブルの世界から足を洗い、恋人とともに新しい生活を始める。しかし親友が出所し、冷酷なポーカープレイヤーとのゲームで手に負えない結果を招くと、マイクは親友への忠誠心とゲームの誘惑から、再びポーカーの世界へ引きこまれていく。
他の共演に、ジョン・タートューロ、アカデミー賞受賞俳優のマーティン・ランドー。

※ネタバレ注意!!!

【ざっくり過ぎるストーリー解説】
1.主人公がポーカーで大負け。ポーカーから足を洗うと決心。

2.悪友が出所。それに巻き込まれる形でポーカーを再開。

3.悪友の作った借金トラブルに巻き込まれる。大学生活も上手くいかない。彼女に振られる。イカサマがばれてリンチされる。(イカサマをしたのは悪友の方)

4.借金返済のため、自らの夢のため、「命」を実感するため、負けたら命の保証がないポーカーに挑む。

【登場人物解説】
・マイク・マクダーモット(マット・デイモン)
ニューヨークの法科大学に通う大学生。高レートの裏ポーカー場に普段から出入りしている。題名にもなっているラウンダー(カードで生計を立てる人)の一人。映画開始10分で3万ドルを溶かすというイカした負けっぷり。(公開当時のレートは1$=130~140円)
記事の最初に書いた「But I finally~」は彼の台詞。ポーカーを愛してやまないポーカー馬鹿。他にも多くの名言を残してくれます。また今作におけるクズのセカンドナッツ。でも嫌いになれない。こういう何かが好きで好きでたまらないキャラは良いですよね、応援したくなります。
親友のワームに酷いことをされても、「彼には僕しかいないから」とワームを見捨てられない。この辺り、共依存のカップルっぽいなぁと思って見ていました。それ故に不憫。

Last night, I sat down at this card table.  
I felt alive for the first time since I got busted at KGB’s joint, okay?
昨夜 ゲームをした時─
この前ポーカールームで負けて以来 初めて命を実感できたんだ

Will you stop fucking around for five goddamn minutes 
for once in your fucking life!
5分でいいからマトモに生きてみろ!

I mean, you gotta…you gotta think of it as a war.
そうですね…、(ポーカーを)戦争と同じように考えて下さい

・レスター・”ワーム”・マーフィー(エドワード・ノートン)
主人公マイクの親友。出所したばかりだが早速借金返済に追われる。
……ごめん、こいつ擁護する人いる?今作におけるクズのナッツクズのロイヤルストレートフラッシュ。こいつが絡むと事態が悪い方向に進む。鑑賞中こいつに対してティルトしそうになった。主人公に自分の借金を被せたり、助けにこなくていい場面で助けに来たり、人の言うことは聞かないし、口は悪いし、女性差別的なこと言うし。擁護点があるとしたら、昔主人公と悪さして捕まった時に口を割らなかったことくらい。しかしそれも何か打算的なことがあったのではないか、と邪推してしまうくらいにクズ。
ポーカーにおけるイカサマを「実力、手段」と考える、がイカサマの技術は大したことない。あっさり見破られてリンチされるし。使用技はボトムディール。(デッキの一番下からカードを配るイカサマ)
自分の好きな作品の一つに「哲也-雀聖と呼ばれた男」があります。戦後すぐを舞台にした麻雀漫画なのですが、主人公哲也はイカサマを劇中の言葉で言うと「力」の一つと定義し、積極的に使用します。その主人公に対しては感じなかった嫌悪感がこいつにはある。なんでこいつのことが嫌いなんだろうかと考えてみたのですが、要するに情熱が欠如しているんですよね。ポーカーのことを金を稼ぐ道具にしか思っていなくて、リスペクトがないというか。じゃあ情熱があったらイカサマしていいのかって話になるかって言ったらそうでもなくて……。自分でも咀嚼しかねていますが、嫌いですこの人。

It’s just like the saying says,you know?
In the poker game of life, woman are the rake.
よく言うだろ?
”ポーカーの世界で女は所場代”

※こんな格言ポーカーの世界にはありません

・ジョーイ・キネッシュ(ジョン・タトゥーロ)
19歳の頃からポーカーで生計を立てるプロ(ラウンダー)。主人公にとってはポーカーの先輩。なにかと面倒を見てくれる。
劇中で主人公が、プロポーカープレイヤー、ジョニー・チャンと戦って勝った時の話を自慢げにします。その話を呆れた顔で聞いているのが印象的。

They all say that at first.
皆最初はそう言うよ
※ポーカーから足を洗うと言った主人公に対して

I’m not playing for the thrill of fucking victory here.I owe rent, alimony, child support.
I play for money.
勝利の快感などを求めてプレイしていない
家賃、扶養料、養育費…、生活のためにやっている

・エイプ・ペトロフスキー(マーティン・ランドー) 
主人公の通う法科大学の教授。主人公のことを気にかけてくれる。ラビ(ユダヤ教の聖職者)の家に生まれ、本人もラビになろうと神学校に通っていた。成績は良く、いわゆる神童。しかしあることがきっかけで夢を断念、法学の道を志し教授の職を得る。
本作における聖人枠。良い人すぎます。主人公にバーで自分の過去を打ち明けるシーンは不覚にもウルっときました。
両親の期待を裏切り、神学校を退学した過去。そのとき母は息子に餞別としてお金を渡します。そして今、母と同じことを自らの生徒に行う教授。「この小切手で苦境を逃れなさい….、いいね?」、ベタな話かもしれませんが自分こういう話に弱くて…。こういう人が報われてほしい、本当に。

Because for all I understood of the Talmud,
I never saw God there.
教典を全て理解したが──
神がいない

If you had to do it all over again,
would you make the same choices?
What choice?
主)もしやり直せたら、同じ道を?
教)他に道が?

We can’t run from who we are.
Our destiny chooses us.
自分は常に自分
宿命からは逃げられない

・テディKGB(ジョン・マルコヴィッチ) 非合法のポーカールームの経営者。
冒頭主人公から3万ドル巻き上げる。ロシアのマフィアとつながっているという噂。KGBとは旧ソ連諜報機関のこと。
クリームビスケットを食べたり食べなかったりして、主人公にテル(プレイの癖)を見抜かれる。まあ、最後は潔かったんじゃないんですか?(適当)

・ジョー(グレッチェン・モル)
主人公の恋人。主人公の余りのポーカー狂いに愛想を尽かし部屋を出ていく。主人公を振るときの台詞はポーカーをやっている人間なら立ち直れなくなるほど激烈。

I learned it from you Mike.
You always told me that this was the rule.
Rule number one:Throw in your cards the momnet you know they can’t win.
─Fold the hand─
あなたが教えてくれたのよ、いつも言ってたじゃない
ルールその1:ダメと分かったらすぐカードを捨てろ

【何故ラウンダーズはポーカープレイヤーのバイブルなのか】
・主人公のポーカーへの愛と情熱が本物、いい意味でポーカー狂

・ポーカーをプレイしている人間は周囲からの理解を得にくい。プロになるとか言ったら尚更。
だからこそポーカーが好きな人間ほど主人公に感情移入してしまう

・映画全体を覆う陰鬱な雰囲気がギャンブラーが潜在的に持つと言われる自殺願望、破滅思考の精神性とあっている

・物語の締めがプロポーカープレイヤーが抱える心情と合致する。
未来への不安と期待が入り混じったラスト。 バッドエンドともとれる終わり方。

・ポーカーのプレイ内容、その出来で見せている映画ではない。多くの人がブログ等で指摘している通り、プレイの疑問手はいくつもある。(何故あの場面でベットしないんだ、とか)

この映画が描くのは、ポーカープレイヤーの持つ普遍的な思想や理想、希望と不安
故にバイブル化しやすいし、事実バイブル化しているのではないか。

個人的には大好きな映画です。周りのポーカープレイヤーにも好きな人間が多いですね。神聖視しているかと言われれば微妙ですが。
話は逸れますが、囲碁のプロ養成機関、奨励会に通う人間の間で『麻雀放浪記/阿佐田哲也(著)』がバイブル扱いされていると聞いたことがあります。(現在どうかは不明)
囲碁と麻雀、ゲーム性は全く異なりますが、「勝負」という点で精神性が似通う部分があるんでしょうね。
各界の”バイブル”を知れたら、そこに属する人たちの思想や理想が知れるかもしれません。
是非コメント欄で教えて下さい。

 

スポンサーリンク